進学のための中高一貫校(鳥取県湯梨浜町|中学校・高校)

湯梨浜学園 湯梨浜学園中学校・高等学校
サイトマップ
情報公開
学園概要
採用情報
これから学ばれる皆様 保護者の皆さまへ 交通アクセス お問い合わせ よくある質問と回答
鳥取・中高一貫校「湯梨浜学園」:TOP >Q&Aよくある質問と回答
学園の特徴
6年一貫教育
週5.5日制
少人数制・個別指導
習熟度別授業
受験対策・進路指導
校長からのメッセージ
学園生活
カリキュラム
入試・生徒募集要項
よくある質問と回答
よくある質問と回答
学校説明会
資料請求
湯梨浜学園中学校・高等学校に寄せられた、よくある質問を挙げています。
疑問がここで解決されない場合は、お問い合わせページより随時質問を受け付けております。
資料請求・お問い合わせ
■学園生活について
Q. 何時までに登校すればよいのですか?
Q. 授業1限は何分で、何限までありますか?
Q. 学校行事にはどんなものがありますか?
Q. 生徒会活動は活発ですか?
Q. 部活は何がありますか?
■教育について
Q. 中高一貫校のメリットは何ですか?
Q. 「詰め込み教育」となりませんか?
Q. 公立に比べてかなり進度が速いようですが、「落ちこぼれ」の心配はありませんか?
Q. 夏休みなどの長期休暇中は補習などがありますか?
■受験について
Q. 受験準備は何をすればよいですか?
Q. 高校入学、受験はないのでしょうか?
■奨学金制度等について
Q. 奨学生や特待生の制度はありますか?
■ 学園生活について
Q. 何時までに登校すればよいのですか?
A. . 本校では、遠距離からの通学も可能となるよう他校よりも少し遅い8時50分としています。
8時頃から8時30分頃に登校する生徒が多いようです。

Q. 授業1限は何分で、何限までありますか?
A. . 45分授業です。
火・木・金8時限授業、月7時限授業、水6時限授業、土4時限授業です。

Q. 学校行事にはどんなものがありますか?
A. . 大きなものとしては海外の研修旅行や学園祭があります。詳しくはこちらから。

Q. 生徒会活動は活発ですか?
A. . 選挙によって選ばれた生徒会長をはじめとした生徒会執行部を中心に生徒会活動を行っています。
学園祭や体育祭などの大きな学校行事では、多くの部分を生徒が主体となって企画・運営しています。
普段の各種委員会では、自分たちで意見を出し合い、より良い学校生活となるよう活動しています。

Q. 部活は何がありますか?
A. . 現在、バドミントン部・水泳部・野球部・剣道部・ボウリング部・囲碁部等があります。
活動日は、各部で異なりますが、月・火・水・金・土曜日のうち2~5日となっています。
詳しくはこちらから。

■ 教育について
Q. 中高一貫校のメリットは何ですか?
A. .

6年間をトータルに考え、ムダのない効率的で体系的なカリキュラムで学習を進めていきますので学力の飛躍的な伸長が可能となることでしょう。
「知的ゆとり」は「精神的ゆとり」を生み出し、真の意味で心身ともにゆとりのある6年間を過ごすことが可能となることでしょう。 詳しくはこちらから。


Q. 「詰め込み教育」となりませんか?
A. . 公立中の英、数の学習時間は、それぞれ約週4時間です。
湯梨浜学園中学校の英、数は週7~8時間。つまり公立中の約2倍の時間数です。英、数は反復練習がカギとなる教科です。本当に成果を挙げるためには、週6時間ぐらいは必要と考えています。実際、公立中の多くの生徒がこれらの不足時間を補うため、学習塾通いしていることは周知の事実ではないでしょうか。
時間数が多い→詰め込み教育、というイメージは払拭していただけたらと思います。

Q. 公立に比べてかなり進度が速いようですが、「落ちこぼれ」の心配はありませんか?
A. . 確かに中3で高校の学習内容に入り、高2で高校の学習範囲を終えるということは、公立校と比べてかなりのスピードのように思われます。そこで、本校では、公立校より時間数が多いことを活かして、基礎力養成期では、学ぶ楽しみを感じられる授業を展開し学習習慣の定着を図ります。その後は徐々に授業スピードを上げていきます。生徒によっては、学習が苦痛となる場面もあるかもしれません。そういう時こそ湯梨浜学園のスタッフの出番です。「面倒見第一主義」の精神で、生徒への補習を徹底し、「分かる」まで指導していきたいと考えています。

Q. 夏休みなどの長期休暇中は補習などがありますか?
A. . 夏期、冬期の長期休暇中には全員参加型の”集中講座”という講習を行います。また、高校生は夏期勉強合宿があります。
また、希望者を中心とした平日補習も実施しています。

■ 受験について
Q. 受験準備は何をすればよいですか?
A. . 受験で出題される内容は、基本問題から応用問題まで多岐にわたっています。
過去問にチャレンジしてみてください。
また、オープン模試を利用して実力を試してみてはどうでしょうか。
なお過去問は、オープンキャンパス、学校説明会などで配布しています。

Q. 高校入学、受験はないのでしょうか?
A. . 学校長推薦の入学試験があります。

各中学校の担任の先生などへ相談してください。
または、直接本校入試担当までお尋ねください。


■ 奨学金制度等について
Q. 奨学生や特待生の制度はありますか?
A. . 就学支援金制度や鳥取県の授業料減免制度のほかに、本学園独自の学業特待生制度があります。入学試験で優秀な成績をおさめた生徒に対して奨学金が支給されます。また、兄弟減免制度として一家庭から2名以上が在籍される場合は入学時納入金のうち入学金が免除されます。さらに、2名以上在籍期間中は2人めから施設設備拡充費(月額10,000円)が免除されます。 その他、高校生には公的な鳥取県育英会の奨学生制度もあります。詳しくはこちらから。






プライバシーポリシー お問い合わせ 学園概要 情報公開 採用情報 サイトマップ
鳥取の中高一貫校なら「学校法人 湯梨浜学園 湯梨浜学園中学校・高等学校」
鳥取県の学習塾なら「伝習館」(鳥取市・八頭町・岩美町・倉吉市・琴浦町・米子市・境港市)  ⇒大学受験なら「鳥取予備校」「倉吉予備校」「米子予備校
湯梨浜学園 湯梨浜学園中学校・高等学校
サイト内で使用されている全ての画像・文章の著作権は学校法人湯梨浜学園に帰属します。これらのデータを無断で複製・転載・販売することを固く禁じます。
学校法人 湯梨浜学園 〒689-0727 鳥取県東伯郡湯梨浜町田畑32-1 TEL0858-48-6810 FAX0858-48-6813 メールアドレス info@yurihamagakuen.ac.jp