進学のための中高一貫校(鳥取県湯梨浜町|中学校・高校)

湯梨浜学園 湯梨浜学園中学校・高等学校
サイトマップ
情報公開
学園概要
採用情報
これから学ばれる皆様 保護者の皆さまへ 交通アクセス お問い合わせ よくある質問と回答
鳥取・中高一貫校「湯梨浜学園」:TOP メディア掲載履歴 > 記事
学園の特徴
6年一貫教育
週5.5日制
少人数制・個別指導
習熟度別授業
受験対策・進路指導
校長からのメッセージ
学園生活
カリキュラム
入試・生徒募集要項
よくある質問と回答
メディア掲載履歴
学校説明会
資料請求
- 2017年09月30日 -
発送転換個性を伸ばす
 NIEに取り組み見えてきた課題克服のきっかけを、この全国大会でつかみたいという思いで参加した。

 日本で多く用いられている減点法評価は、基準がはっきりしている反面、評価される側は、ミスを恐れ縮こまりがちになる。しかし、加点法評価では良いものは認め、加点していく。座談会に参加していたある小学生は、将棋の藤井四段の記事のみをスクラップしていたそうだ。しかしこの小学生は加点法で評価された。だからこそ彼は成長し、今では英字新聞のスクラップにもチャレンジし始めたそうだ。

 新聞はこのように、多様な読み方、多様な活用が可能な個性の詰まった身近なものである。きっと彼は、スクラップをきっかけに個性あふれる多くの記事に触れ、深みのある人間に成長していくのであろう。この座談会を機に、課題克服の光が見られるように感じられた。

 2日目の分科会では、多くの取り組みを見させていただいたが、そのどれに対しても、学校の現場に活かせることができると、皇帝的に見ることが出来た。われわれ教員の発想の転換一つで、新聞の無限の可能性を引き出せる。

 子どもたちには、自分の興味関心のあることしか知らない、そんな人間にはなって欲しくない。そのためには、まずは教員が、多くの情報の詰まった新聞を読める環境を、発想を転換し、提供し続け、そして同時に、子どもたちの個性を認め伸ばしていくことが必要である。

 このたびの全国大会を通して、新聞の活用法だけでなく、教員に必要なものも教えられた。

【2017年8月30日(水) 日本海新聞掲載】



プライバシーポリシー お問い合わせ 学園概要 情報公開 採用情報 サイトマップ
鳥取の中高一貫校なら「学校法人 湯梨浜学園 湯梨浜学園中学校・高等学校」
鳥取県の学習塾なら「伝習館」(鳥取市・八頭町・岩美町・倉吉市・琴浦町・米子市・境港市)  ⇒大学受験なら「鳥取予備校」「倉吉予備校」「米子予備校
湯梨浜学園 湯梨浜学園中学校・高等学校
サイト内で使用されている全ての画像・文章の著作権は学校法人湯梨浜学園に帰属します。これらのデータを無断で複製・転載・販売することを固く禁じます。
学校法人 湯梨浜学園 〒689-0727 鳥取県東伯郡湯梨浜町田畑32-1 TEL0858-48-6810 FAX0858-48-6813 メールアドレス info@yurihamagakuen.ac.jp